ブラッシング必要がない説

おはようございます。店長です。

 

今日はブラッシングは必要なのか?について考えたいと思います。これは割と必要派とどちらでも良い派が多いような気がします。TVや雑誌などは肯定派が多いです。ここで言うブラッシングとはただ髪を梳かす作業では無く、頭皮からガッツリと梳かす事を指します。

 

私は反対派で、お客様にもやらなくて良いと伝えています。でも、習慣づいてて、やらないと気持ち悪いと言う方はして下さいと言っています。
では肯定派はどんなメリットをあげているのかをみていきましょう。

 

ブラッシングの目的として言われている事ベスト4

 

1.髪についたホコリや汚れを落とす

2.抜け毛やほつれを取る

3.皮脂を毛髪に広げる(ツヤ)

4.頭皮の血行を良くする

 

などがあげられています。

 

私は美容学校で習っていた時からなんでいるんだろう?ってずっと疑問に思っていました。

 

そこで、目的の1から私の疑問を順番に見ていきましょう。

 

1.髪についたホコリや汚れを落とす。

ホコリや汚れとは何でしょう?ホコリはまあ分かるとして、汚れ=油汚れや整髪料でしょうか?または空気中の何かしらの汚れなんでしょうか?
普通に油汚れや整髪料はブラッシングでは落とせないですよね。ブラシに油が移り、多少はシャンプーの泡立ちが良くなるくらい。

 

2.抜け毛やほつれを取る

生え変わりで抜けた毛やほつれをブラシでガシガシ梳かしている光景をTVとかで観たことがありますが、ブラシでガンガン引っ張って取る必要があるのでしょうか?

 

3.皮脂を毛髪の毛先まで広げる

これに至っては皮脂を髪に広げた後、その広げた皮脂をまたシャンプーで取るわけですよね??
毎日シャンプーをする現代社会では矛盾でしかないです。

 

4.頭皮の血行を良くする

ブラシを使わなくても指で充分かと。指で頭皮全体をしっかり動かす様にマッサージした方がより血行が良くなります。特に頭頂部には筋肉がないので血流が悪くなりやすくなります。指の腹で優しく動かしてほぐしてあげる方がいいのでは?

 

自分で書いていてなんですが、ボロカスに言っていますね。。そんなにアンチでも無いんですが。

 

理由があって髪を洗えない人や、どうしてもやりたい方は仕方ないと思いますが、本当に必要なんですか?と言う訳です。最近は美容室でやっいてる所もないのでは?
している店もあるのかな?まあ、あんまり聞かないです。

 

確かに頭皮の面からみていくとメリットはありますが、髪の毛目線でいくとデメリットしかないのです。
梳かして良くなるなら最高ですけど。
確かに髪の毛はいくつもの結合が集まった強靭かつ柔軟な繊維ですが、いくら強くても無駄に髪を引っ張っていると傷みは必ず起こります。毎日ブラッシングし、伸び縮みする事で「タンパク疲労」が起こり、弱っていく事があっても、良くなる事は無いはずです。カラーやパーマ、ストレートなどのケミカル処理をしている髪は特にですね。

 

色々な意見があると思いますが、髪の毛目線でメリットデメリットを考えると、やはり私は
「いらない」です。

 

以上ブラッシングは要らない説でした。

 

※タンパク疲労と言う言葉は金属疲労にかけて勝手に書きました。

※ブラッシング推進派の方はすみません。他の理由があれば逆に教えて下さい。なぜ必要なのかを。

 

 

10年先のあなたの髪を守る

BECKS

大阪市住吉区我孫子3-2-9-1F-A

【完全予約制】
☎ 06-6608-6660
➿ 0120-608-003

女性専用ヘアエステサロン
ciro*becks

☏ 06-6692-2888

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。