髪の化学動画

【カラー】【パーマ】【シャンプー】【ストレート】【ヘッドスパ】【 トリートメント】など

全て化学薬品が使われており、安全な物がほとんどですが、一歩間違えると取り返しのつかない非常に危険な薬剤もたくさんあります。
そこで、美容室における様々な事や薬剤を化学的な側面から分かりやすく基本から解説してもらおうと思っています。今、何をしているのか、何を付けているのか、わかっているようで、わかっていない事も結構多いと思います。。(決められた工程)美容師の見解や知識には限界があります。製造メーカーさんの研究者の方にも知識の偏りがあったり、会社によって言う事が違ったりします。場合によっては何も分からない事をいい事に適当なことを言って売ってこようとします。勿論化学的にわかっていないこともたくさんある事が前提ですが、今回はどこの美容業界にも属さない、
科学のプロである第三者の目『阪大薬学部PEN』の化学動画を基礎編から応用編、美容室に関わるあらゆる科学を、分かりやすく動画でシリーズ化していきますので、お楽しみに。たまに対談形式でしたりもします。

阪大薬学部PEN✖BECKSコラボ企画

(実はこの企画は2.3年前から始動していたのですが、お互い忙しく・・・)

意見や、質問、こんな事が知りたい!などがありましたら

kajioyajides@gmail.com

こちらまで。

 

 

おはようございます。店長です。
以前のブログからご覧頂いている方ならお気づきだと思います、このシリーズ。そう、放置しておりまた!

私が無理やり化学的にどうなっているのかをぶっこんでやろうと試みたのですが、なにせ文系なもんで。自分の力だけでは当然無理な話でした。化学の素人ですから。

 

今回は、ブログも新しくなったということで簡単な自己紹介とMr.PENの事、なぜ配信する事になったのかを簡単にお伝えできればと思います。

 

あ、下に第一回の動画リンクを貼りましたので、ご覧ください。

 

 


髪質改善のお店をOPEN

BECKSをオープンする際から掲げているテーマがありまして、それが髪質改善。

 

これは当時(10年以上前)美容室の間で主流であったシステムトリートメントに疑問を抱いていた私の解決法でした。

 

髪質改善の考え方は(私的)髪質やダメージで悩みを持っている方に向けて、「本来の髪質よりも、扱いやすい髪にしていきましょう」「極限に髪のダメージを少なくしながらカラーやパーマをしましょう」というようなやり方で、オープン後、順調に成果も出て、次にご来店頂いた時にも「ほとんど傷みを感じる事もなかったし、今までとは違うね」と言って貰えるようにもなってきました。

 

 

改善していかない髪質もある

そんな中、髪質改善のメニューを始めて1年が過ぎた頃、何度も試行錯誤しながら施術をしても、全くうまくいかない難しい髪質があることに気付き始めるのです。(自分の納得レベルで)
特に、クセがあって乾燥のしやすい髪質。細くてボリュームの出にくい髪質が難しい。

今のやり方の方向性は間違っていないが、もっと様々な髪質やダメージに対応できるようになりたい!更に良い対応策や薬剤があるはずだと模索し始めたのです。

 

 

講習に通う日々

悶々としながらもメーカーのトリートメント講習や、今から思えば怪しい宗教的なトリートメントセミナーなども通ったりする日々が1年くらい過ぎていきました。

 

そんな中ネットで調べていくうち、マニアックな美容師さん達のブログや、原料を小分けにして売ってくれる業者の存在を知ったのです。

 

そこではこの原料はこういう性質を持っていて、髪の中でこんな原理でこんな反応が起こるからこうなるんだ!これはこうだから意味が無いのでは?

 

などの理論的な話のやり取りをしていて、正直初めは意味もわからないまま、とりあえずなんか凄そうな商品や原料を片っ端から取り寄せて使ってみることにしました。

 

そして使い方や手順などを聞きながら試行錯誤をして、なんとなく感覚的には思った通りの結果になってきたのです。

 

と、同時に今まで色々な商品を知ってるつもりで使ってきたけど、全然理解の深さが足りなかった事を痛感させられました。いわゆる美容師的感覚でしかなかったのです。

 

 

化学の壁

 

私の中での理解の深さと言うのは、化学的に髪の毛にどういう影響を与えるかって事で、ふわっとした事は分かっていたつもりでしたが、
商品や成分を調べていくうちになるほどな!って部分ももちろんありましたが、なぜそうなるの?なぜ髪の毛とくっつくの?が徐々に増え、私の前に化学の高い壁が立ちはだかったのです。

 

そう、今まで学校生活でも避けてきた壁です。

 

壁は乗り越えないとまたやって来るのです。

 

 

家庭教師をお願いしてみる

勉強を始めようとも、何から手を付けていいのかが分からず、とりあえず高校化学の参考書(超入門編)などを2、3冊買ってみたものの、

 

水平リーベ僕の船(元素記号)・・・・むむ
結局、一向にページも進む事はありませんでした。
すごく眠くなるのです。

 

そして閃きます。そうだ、化学のプロにお願いして教えてもらおう!

 

高校時代ろくに勉強もせず遊んで生きてきた私が、家庭教師を依頼する事になったのです。

 

 

Mr.PEN

PENとの出会いはお客様と美容師との関係で、かれこれ16.7年前位になるでしょうか。彼はまだ小学生で母に連れられてくる可愛らしい男の子でした。

そんな彼が16年後に美容師のおじさんに家庭教師を頼まれるとは夢にも思っても無かったことでしょう。

 

PENは私が言うのもなんですが、とても優秀で、私の知りたいことを何でも的確に分かりやすく解説してくれます。さすが塾講師を何年もしてることだけあります。塾講師向けの本まで出していて、勉強だけではなく物事の本質を分かっているのです。

 

 

PENのブログ。読んでみてください。
PENの雑記ブログ

 

 

今後の方向性

そんなこんなで、現在でも私が知りたいテーマが出てきた時に連絡すると、すぐにそのテーマについての化学的な側面から教えてくれています。これは本当に助かっています。

 

一方で新しい成分などが出てそれを使ってみたい!と思っても、その詳細が分かるまで怖くて使えない、という側面も併せ持つようになりましたけど。

 

そんな勉強会なんですけど、ふと思ったんです。

 

 

いつでも、どこでも、誰でも、ネットの使える環境があれば勉強できるなと。

 

この動画の内容全て正解か?と言われるとそうではない部分もあると思いますし、髪の毛や人体は分かっていない事の方が多いとも言われています。ただ、一つ言えるのは自分の基準を持って考え、検証し、自分の中での正解数を増やしていくことも美容業界には必要な事ではないでしょうか?

 

そんな思いで配信する事にしました。(ユーチューバーになりたい訳ではありません)

 

 

髪の化学動画配信

今回の動画は初めての撮影で、段取りがちょっと悪かったりもしますが徐々にクオリティーも上げていき、化学が苦手の方でもお楽しみ頂けるようににしていきますのでご覧下さい!

 

 

あと、同時にこんなことが知りたい!などのリクエストも募集しております。
kajioyajides@gmail.com
までお便りください!

 

美髪と髪質の為の科学〜基礎編①アミノ酸〜

 

 

 

10年先のあなたの髪を守る
BECKS

大阪市住吉区我孫子3-2-9-1F-A

【完全予約制】
☎ 06-6608-6660
➿ 0120-608-003

女性専用ヘアエステサロン
ciro*becks

☏ 06-6692-2888

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。